電子タバコで脱煙草!どんな製品の人気が高い?


リキッドを自由に変えられる

電子タバコは大きく、使い捨てタイプとパーツを交換しながら繰り返し使用するタイプに分類できますが、昨今は後者が選択されることが増えているようです。使い捨てタイプはアレンジが利かないために自由度がない一方、カスタムができる物は好みに合わせて使い方を変えられます。フレーバーのもとであるリキッドも変更可能ですので、好きな味を吸えるとして支持されています。煙草代わりとして使うだけでなく、電子タバコそのものを楽しみたい人は、手を加えられるタイプを選ぶことで満足度も高まるはずです。

水蒸気がたっぷりと出る

煙草と違って電子タバコは水蒸気を吸って楽しみますが、製品によって水蒸気の発生量が違ってきます。禁煙に役立てたいという人は水蒸気が沢山出るタイプを好む傾向があり、吸った感覚を受けやすい分、禁煙をしやすくなると感じられているようです。モノによっては煙草と遜色ない量の水蒸気が出ますので、本当に喫煙をしている気分を味わえるはずです。ただ、爆煙過ぎると使いにくくなることもあり、特に外でも活用したい人は注意した方が良いでしょう。

電圧コントロール機能の有無

従来の電子タバコは一定の電圧でしか楽しめない物ばかりでしたが、比較的新しい物の中には任意に電圧調整を行える機能が備わっている物もあります。この機能は水蒸気の発生量に影響するほか、吸い心地も大きく違ってきます。吸った感じやフレーバーの強さがしっかりと出た方が禁煙にも役立てやすいこともありますので、機能の有無に着目しながら選ぶのも良いかもしれません。

本体にリキッド(液体)を補充して使うタイプの電子タバコ向けに、多数のリキッドが販売されています。そのなかから好みのものを選んで利用するほかに、リキッドを自分で作って味わうという楽しみ方もあります。