ニコチンはどうなってる?煙に有害物質が含まれている?


日本製はニコチンが入っていない

日本では20歳から煙草が吸えるので、20歳になるのを待ち遠しいと感じている人もいるかもしれません。煙草にはニコチンと呼ばれる成分が入っていて、それが体に心地よさを与えてくれたりするようです。ただあまり吸い過ぎると中毒性も出てくるので注意が必要でしょう。健康を考えるとあまり煙草を吸うのは良いと言えず、これまで吸っていた人はその代りのものを探そうとします。その時にいいのが電子タバコで、煙草同様に口から吸ってはく一連の動作ができます。電子タバコには日本製の他海外製のものがありますが、日本製のものにはニコチンが入っていません。ニコチンを欲する人には物足りないと感じるでしょうが、入っていない分健康的ともいえるでしょう。

煙を吸うのか水蒸気を吸うのか

物を燃焼すると煙が発生し、時にはそれらに有害物質が含まれたりします。大人の嗜好品と知られる煙草は煙草の葉に火をつけて燃焼しその時に発生する煙を吸って楽しみます。一応有害物質を減らすフィルターなどが付いているものの、体の中に有害物質が入ったり副流煙を通じて周りの人に害を与えたりするので注意しながら吸わなければいけません。電子タバコの場合は、電源を入れると吸い口から煙のようなものが出る仕組みです。煙草と同様の煙と思いがちですがこちらはリキッドを加熱させた時に出る水蒸気で、水蒸気なので燃焼による有害物質は入っていません。吸った人にも吸う人の周りにいる人にも害を与えにくいと言えるでしょう。

vapeとは、香りのついたリキッドを電気で加熱することで蒸発させ、発生した水蒸気を吸い込んで楽しむ次世代タイプの電子タバコです。