機械式時計のファッション性の高さやメンテナンスについて


クオーツ式時計と比べたメリット

電池を利用するクオーツ式時計とは広い意味では家電製品の一種で、電池が切れる度に時計店に行って電池交換をしてもらう必要があります。一方、機械式時計は電池が不要なため、時計店に定期的に足を運ぶ必要がないほか、電池交換に関するコストもかかりません。そういった意味で、長く使うと購入資金を回収できる可能性がある低価格な機械式時計はかなりお買い得といえます。

機械式時計はファッション性が高い

腕時計の傾向としては、クオーツ式腕時計のデザインとはシンプルで画一的なところがあります。そういった意味では、国民的な人気を誇るカジュアルブランドのシンプルなデザインの衣料を着用している状態と似ています。一方、機械式時計とはすべてではないものの全体的にはデザインが凝っていて迫力がある傾向です。衣料に例えるとパリコレに参加しているような前衛的ブランドの衣料のような部分があり、デザインが良いものを選べば、ワンランク上のコーディネートが完成します。

機械式時計の手入れについて

クオーツ式腕時計は定期的な電池交換は必要ながら、毎日必ず行わなくてはならないような作業はありません。しかし、機械式腕時計は手巻き商品であれば、毎日の日課としてゼンマイを巻く時間を設ける必要があります。また、磁気に弱くて強い磁気によって制度が低い状態になってしまったら「脱磁気」を使って磁気を取り除かなくてはなりません。その他、車に車検があるように、機械式も定期な全体メンテナンスが必要で、3年に一回くらいのペースでメーカー等に依頼してオーバーホールを行う必要があります。

ウブロとはスイスの高級時計のことです。多くの有名企業やスポーツ選手などとパートナーシップを結んでいます。